ヒカル

『明鏡止水』どんな時も落ち着いて──子供が熱を出した時。地震警報が届いた時。おなかがすいた時。アニメをみんなと見ていて最後の戦いが終わったと思ったら真の最後の戦いが始まった時。ケーキの大きさで妹がけんかを始めた時。頼まれた植木鉢の水やり当番…

青空

『おまつり』わーい!みんながおそとからかえってくるよ。みんなおおよろこび!おおきなこえでさむーい!さむーい!しにそう!あっためて!さきにうがいてあらい!って、おおさわぎ!そしたらそらをみつけてだっこするよ。うれしい、たのしいね。おそとでな…

海晴

『寒い日は』わーっ!毎日寒いね。こすり合わせる指の先、霜を踏みしめて歩くつまさき、耳から鼻のてっぺんまで何をするにも海晴の体は端っこからだんだん凍えてしまっている。なんとかしなきゃ!厚着をしてホットコーヒーを求め、ラーメンをすすり毛布を頭…

虹子

『ぶんまわしにじこ』にじこ、おてつだいできるよ!おさらをいちまいいちまいはこんでならべるの。ふきんをもらって──テーブルのうえをみがくね。にじこがみがくときれいになる──おにいちゃんにおしえてもらったテーブルふきだもんね。あ!でも、ときどきテ…

立夏

『今日もよく食べよう』あーおなかすいた!小学校に入った時も、オニーチャンと出会った特別な日も、ほんのわずかだけ大人になった中学生の今だって立夏はずっとおんなじことを言っている。おなかがぐーぐー言ってとまらないよ!冬の寒いこの頃は甘いものも…

綿雪

『ワンスモア』冬の夜は暗く──だけど、なぜかどんな時よりも明るく星は瞬いて暖かく私たちを見守るよう。自信がなくても寂しくても、みんなが教えてくれたように今夜もまた、とっても寒い夜の中を。今日から学校が始まります。冬休みが長くてとても楽しくて…

小雨

『はじまる』夜は暗く怖くて寒くて──みんなで暖かく過ごしていた冬休みも終わります。この年末年始もやっぱり、あわてたり困ったりつまづいたりで憧れのお姉ちゃんたちみたいになれなかった小雨ですが、宿題は済ませたし、たくさん食べて元気いっぱいです──…

『アイラブ』夜は暗く冷たく長く──この宇宙で孤独に浮かぶ寂しい星には、冬の日々を身を寄せ合うことでしか過ごすことのできない小さな生き物たちが──どうにかこうにかこの日まで乗り切ってきたというのに。お正月が終わったというただそれだけの理由で人々…

吹雪

『コンフュージョン』お正月が終わろうとしています。おもちも少なくなり、七草粥では物足りないとリクエストを受けてキッチンの方から良い匂いがする時期──年末年始は楽しく過ごせたと思います。クリスマスがあり、大みそかは鐘の音を聞き紅白を見ながらな…

海晴

『松の内』お正月はのんびり過ごせてよかったね。雪が降って寒くて外に出られなかったのがかえってよかったのかな?あれもしよう、これもしようって子供たちからの遊びの誘いをそこそこ楽しみつつ、こたつで横になっても誰も文句は言わない。そうしているう…

ヒカル

『雪の日』あけましておめでとう。それにしても今日は寒いな!ついに私たちの街に雪が降った。外で遊んでいた子供たちも、そんなに長くはいられないから結局戻ってきてこたつで時間を過ごす。山になって積まれたみかんは減り持ってきても持ってきても間に合…

星花

『迷い悩み』お正月は家族で遊んで楽しく過ごしました!うーん……確かにそうなんだけど冬休みの作文、楽しかった分だけとっておきのどこにもないような文を書きたい!世界中に一つだけの星花の家のお正月。文字にするとなんだか普通の作文になってしまうの!…

真璃

『お正月デラックス』マリーはいつでもゴージャスでロマンティックなのがだいすき。なにしろ──前世は王妃様だったもの。がまんができないわ!新年がやって来て家族で過ごすお正月にマリーが見つけた特別は、やっぱりこれ!おみかん。まるくてかわいいしフレ…

『おでかけ』別に──新年初めての家族そろってのお出かけに気合を入れて用意したこの日のための特別な外出着、というわけではなくいつも通りの出かける時は少しおめかししなさいと言われ合格ラインにOKが出るくらいのよく着ていく服。みんなそう。だけど、な…

虹子

『おせちとともに』あー!えびだ!ああ、おいしい。なんだかふしぎとこしがまがるまでながいきできそうなきがしてきたな。あー!くろまめだ!あまいあまい。なんだかふしぎとまめによくはたらいておにいちゃんによくできたってほめてもらえそうなきがするな…

春風

『ごあいさつ』あけましておめでとうございます。今年も春風は王子様と一緒に過ごし、王子様に尽くし、王子様に好みの全てを捧げてどんな小さなことでもお力になります。そして──出会った瞬間からずっとあなたと全てを共にすることの他は何も考えられなくな…

氷柱

『ありがとう』澄み切った青い空を見上げて吸い込んだ冷たい息で体の中からまっさらに洗われていくような──こんな冷たい冬の日に身を寄せ合って私たちは年越しの日を迎えました。年に一度くらい、こんな日だけは少しくらいのことには目くじらを立てずにちっ…

夕凪

『おせち研究所』ででっででっ今日も鼻歌が聞こえておせちの中身が一つ一つできあがっていくよ!つやつやの黒豆。みんながよろこぶよろこんぶ。でもちょっと待って!本当にこんぶがあるとその一年──すばらしいよろこんぶになるのかな?そう疑問に思ったのは…

あさひ

『のびのび』あれっ!?あばー!もちもちのびーっ!……しゅん…………うん!ふえー!あっばえー!どええーい!もっちっ!ねっ。(みんながたべている おいしそうなやつ! え? あかちゃんは たべたらだめなの? それならしょうがないな…… じゃあ、はやくおおきく…

ヒカル

『星空』暮れるのも早い冬の帰り道──今日も暗い夜空にまたたく星がひとつ灯り、またひとつ──冬の澄んだ空気があの輝く光を地上の私たちに届ける。日が落ちた後と──あと朝が来て暖かくなるまで。遠い彼方まで見通せそうな冷たい空気は、朝の眺めに見る街並み…

さくら

『もちもち』はたしてそれはゆめなのか?それともほんとうのことなのか?さくらのおにくはきのうよりももちもちむっちりしてゆく。たのしいのはねんまつねんし。すてきなクリスマス。さくらはおいしいものをいっぱいたべたな!らいげつのおたんじょうびでう…

観月

『いい天気だ』薄曇りの冬空に冷たい北風。学校で習った縄跳びの飛び方を教えてくれる夕凪姉についていってお庭に飛び出した子供たちみんな、少し我慢してすぐ戻ってしまった。風は生まれたてのように清浄で澄んで真っ白じゃ──お空の上を飛んで人の営みを見…

青空

『サンタさんがきたよ』おもちゃ!ほん!おかし!ふゆのよるがあけると──おうちのなかはなにかがふえている。まだゆめのなか?いや、これはクリスマスのひ!ねえねえ、どうして!サンタさんはどこからやってくるの?みぎから?ひだりから?トナカイにのって…

『たのしもうね』ほしは──光り──今年もクリスマスがやってきます。一年の一度、寒い冬の透き通った空気の中で訪れるやさしく幸せな祝福の日。せっかくだからと願い事ばかりがあれもこれも──いつまでも尽きない。いつまでもわがままな願いばかりが──本当にず…

立夏

『サニデイ』あーあたいへんだ!また立夏が調子に乗ってる。何かといえば歌いだし、うれしくなると踊るしすーぐ大きな声。こんな調子だとまた氷柱ちゃんに怒られるし、オニーチャンの前に出てはずかしくなるし!こまったな。でも、しょうがない。だっておや…

あさひ

『こさめ』つーたったでえい!たったかたとお!あーたん、ばうわあーい!あば!こさめ!こさめーっ!だあーいぶ!あはははっちゅちゅちゅっ。(きょうもげんきな あさひがきたぞ! あさひがげんきだと みんなうれしそう。 やっぱり、げんきなおんなのこが い…

小雨

『長い旅』机の明かりを落として日記を閉じ、長かった一日が終わろうとしています。年末らしく何かとあわただしく、いっぱいの荷物を運ぶ子供たちと楽しいクリスマスを迎える準備──おなかをすかせた子たちや、鼻水が出ているのも気にせず笑い出し踊りだす子…

ヒカル

『氷柱が寂しがっている』今日は日向で過ごすにはいい陽気だったな。みんなの手で庭に運ばれて水をかぶった鉢植えの花も久しぶりに鮮やかさを取り戻した感じだ。日が暮れたら油断はできないし、それに年末にかけて寒くなるっていうから今だけなのかもしれな…

氷柱

『アルンハイムの女王』朝目が覚めて玄関から飛び出して行った子、裏口を出て寄り道して表の庭を歩く子、一日の用事を済ませて帰ってきた子。暖かい部屋の中で飲み物を手にして眺めている子──残念ね。庭の花壇は真っ白な霜に覆われ、裏山の方へ続く緑が茂っ…

吹雪

『イノセンス』世の中は私の知らないことがまだまだたくさんある──クリスマスに限ってみても、この時期の一番の楽しみだとみんなが待っている日であるのに、サンタクロースがどうして良い子のもとへプレゼントを届けてくれるのかも小さい妹たちに説明するの…