青空

『でろんでろん』でろろーん。よくはれたひのおにわではみずまきをするの。かだんにおみず。やまにもおみず。みずたまりにおみず。せかいじゅうのぜんぶがみんなおみずでどろだらけでろでろ。あるいてどろはねはしってどろはねでも、そらはげんきなこだから…

観月

『名月』お月見はいつの世も楽しいものじゃ。普段はむずかしいお話が好きな吹雪姉じゃも霙姉じゃもわいわい言いながらみんなで。まんまるい月の煌々とした輝きを見つめてよろこぶ気持ちは──誰にとっても変わりはないと信じられる時間。あんまりみんながうれ…

小雨

『心配事』今日も!小雨はわたわたあたふた──落ち着きがない。なぜって言えば今が、タンスの入れ替え時だからなのです。昼間はあんなに日差しが強くてもなぜでしょう?帰る頃には鼻水を出している子もいるほど気温の変化はわかりにくい。いいところといえば…

『秋の空』今日も、空は高く千切れて広がるうろこ雲。汗ばむような日差しの中にどこからか涼しく吹く風があって──いい天気の日はちびっこたちが庭へと向かうので私は見ていないといけないの。みんな、いつもは私のことをちびっこだって言うくせにこういう時…

さくら

『あめはもう』あめがふる!だけど──まよなかにさくらのめをさましわんわんなかせていたはげしいあめはもうにどと──ふらないの。あついあついなつがいってしまったあと、にゅうどうぐももせのたかいひまわりもつよいあめも──あのなつがまとめてつれていって…

夕凪

『やってきた!』あの遠いはるか過ぎて行った季節。光はまぶしく鳥は歌いみんなの声が青く澄んだ空まで届いていた日々のこと──夏休みもついに終わってしまい、夕凪はどうにか宿題を間に合わせ読書感想文の大変さを今でも時々思い出すあのころのこと!毎日お…

海晴

『答え』今日も子供たちは真剣な顔で考えている。バニラ? チョコレート?ミントにレモン──答えの出ない難題だらけ。でも、不思議に思うの。私たちが子供の時もあんなに一生懸命に真面目な顔をしてあれほどまでに──悩んでいたっけ?かくれんぼか鬼ごっこかを…

あさひ

『わわわ!』わ!ぶるっちゅ!──おおにゃーにゃ!にゃーにゃ!ぎゅぎゅぎゅーっぎゅー!ふーむうむううむ!にゃーにゃおばぎゅっぎゅっわっばー!ちゅー。(わあ! よるがやってくると さむーいの! あたらしいおふとんを みつけにいこう。 ああ! おにいち…

立夏

『旅人』みて!あの勇敢な背中は無謀と知りながら果てしのない挑戦に挑む──我らが愛しい家族の姿。凛々しく前だけを見つめるみんなのかわいいマリーちゃんにしてあげられることは──もう応援とそしてひそかに祈るだけ。立夏でもわかっている。どんなに力を貸…

真璃

『ラブラブドリンクタイム』コーヒー!いわずとしれた魅惑の飲み物。美しく上品な色合いで宝石のように黒色を映えさせ、湯気とともに立ち上るなんともいえない高貴な香り──お気に入りのカップに唇を付けひとくち含んだだけでおくちの中から体中に広がる芳醇…

観月

『虫の音』今夜も聞こえる──お昼にみんなで遊んだお庭の方から遠く近くどことも知れず届くのはころころさらさらかわいい虫の鳴き声。雨はやんだかの──月は今夜も明るいであろうか。ここ数日、夜は冷えて早くお布団に入るようになったからわらわにはもう夜の…

青空

『かばんのなかみ』たのしいものがじゃんじゃんでてくるかばんのなか。みはるのかばんはおけしょうひん。ゆうなのかばんはしゅくだい。なにがでてきてもわーっていっておもしろいの。すごいものがでてきたよ!おどろくようなとんでもないものばかりはいって…

ヒカル

『そういう日もある』やはり現れたか──うまくいってるような気がする時ほど油断している隙を見つけたように忍び寄る。夕凪のカバンから出てきた見慣れぬ夏休みの宿題で、夏休みが終わるまでにすっきりきれいに宿題を終わらせることはまあたぶん無理そうだな…

夕凪

『ちゃっかり夕凪』やった、やった!夏休みの宿題を後回しにしがちな夕凪だけど──心配したお兄ちゃんやみんなが勉強を見てくれるの!ちょっと進んだ!夕凪はうれしい──この調子でかまってもらえたらもしかして夕凪は夏休み最終日を待たずに宿題を終わらせて…

虹子

『にらめっこ』おおきくてをふってにっこにこしてあっぷっぷ。ああっ、いけない!これはにらめっこだった。まけちゃった。にじこ、はじめからにっこにこ。でも、しかたないよ。だって──おにいちゃんがあそんでくれるしにじこにわらってほしくてはりきってい…

『永遠の誓い』人の命は塵のように儚く──存在とはいつも不安定でこの宇宙に確かなものなどなく──だから私たちはどんな悲しみもひとときのことだと慰めながら日々を過ごしていく。でも、もしも科学が発達したその先に、私が灰になって消えた後も何も変わらず…

さくら

『よくかんで』なつやすみ。きょうもあしたもよくかんで。みんながそろうごはんどきとってもたのしい!はなしははずむ。さくらも、お兄ちゃんにきいてほしいこといっぱいある!だけどおちついて!ごはんって──よくかまないといけないよ。おこめにははちじゅ…

氷柱

『寿限無』いきなりだけれどたとえ話によくある猿とシェイクスピアの話をするわね。良い子は黙って聞くのよ。猿がでたらめにタイプライターを叩くようにして、今この場合では、ある日本語訳のシェイクスピア全集が一文字も違わず完成するまで続けさせるとす…

あさひ

『ばっば!』おーばっば!あーんばおっば。ふむふむ。うん、うん。むむ──べろべっちゃべろりん。──んんっ!?あ、あばー!わああああん!(みんながだいじにながめて こうかんする あの、ごほんというものは── とてもいいものにちがいない! だけど、あさひ…

海晴

『昨日の私と明日の私』蛍ちゃんもまだまだ甘いわね!夏休み、感想文の宿題。読書の楽しさに目覚めて活字に触れる喜びに浸る学者の卵たち。小雨ちゃんやユキちゃんとお勧めしあって情報交換しているの。楽しいよね!でも、実は夏休みの楽しみは他にもあって─…

『つづく』夏休みにはふだんなかなかできないことを──いつもは用事があって本を一冊読みきるのはまとまった時間がないと大変だけれど、学生なんだもの──夏休みは本を読みたい!今日、読み終えた一冊は短編集。山奥で雄々しく羽を広げて飛ぶ鳥や、船がつく港…

春風

『セイハロー』麗ちゃんの様子がこのところ物憂げ──いつも夏休みには一番最初に宿題を終わらせてなんだかんだ言いながらも他の子の手伝いをしたり趣味の時間を作ったり充実した日々を過ごしていたように見えた麗ちゃん。かっこよくてやさしくて頭が良い──食…

星花

『絵の宿題』宿題の一つで人によってはとても大変で厄介なのが図画工作の、絵の宿題。テーマは──夏休みの思い出。つまり──ほとんど自由!と、言っているみたいなもの。4切りサイズの大きな画用紙を抱えてモチーフを探し小学生たちが駆ける。水彩絵の具で描…

綿雪

『夏の出会い』今日も子供たちがお庭で捕まえてくるあんな虫こんな虫大きいのや小さいの!草をかき分け枝を眺め体中を使って探すあのすごい力。子供たちの心をこんなにも引き付ける──見慣れた虫も変わった虫もすごいのばかり。あまりお外に行けないユキのと…

小雨

『フレッシュ! フレッシュ!』恥ずかしながら小雨にあまり縁のない言葉──さわやかで新鮮でジューシー。果汁がまるで跳ねて飛ぶようにみっちり詰まった栄養のかたまり!申し訳ないけどすぐお腹が痛くなってしまうからデザートは控えめ──そんな小雨でも夏の間…

『寄り道』そう、その通り──あなたも気付いていると思うけれど、今大事なこと。それは、鉄道趣味に関係するコロナの影響!もちろん今はみんなが気を付けるしかできることはないのだけど──それでも、まさかこれほどとは──夏休みのお楽しみのスタンプラリーだ…

吹雪

『私たちの家にはさくらがいる』アイスがすぐになくなってしまうと不満を持つ子は少なくないようです。なにしろ、食べ過ぎるとおなかを壊すのだから誰かが一人で大量に消費しているわけではない。ではなぜ……?大家族の家庭では永久に解けない謎としていつも…

さくら

『さくら、どうしよう』くすんくすん──おそらが泣くとさくらも泣いちゃう。あんまりあついとさくらはまた泣いちゃう。お兄ちゃんはケーキがすきかしら?さくらね、ケーキがすきなんだけど──むちゅうになってたべていたらすぐになくなってしまうよ。さくらち…

あさひ

『ぶっちゃー!』くんくんくん……ぶっちゃー!でっでっでーんごーごごー♪あっぷあ!むーん──ぽっぽあ!うんうん、だあーっだ!はるか!おにーちゃ!あばっば!(あさひのみつけた よいものは── あっちだ! おいしいにおいのするほう。 さあゆけ、あさひ。 あ…

青空

『ころがるよ』おうちのおおきなてーぶるは──おへやのみんながてをつないでもとどかない。にじ! さくら! みづき! マリー!てをつないでも──ほら。おおきなてーぶるはみんなのてーぶる。おうちではあれもこれもぜんぶてーぶるにのせるからあれもこれもてが…