真璃

『ママの歴史』
人に歴史あり。
アルバムを見るのって楽しいわね!
20人きょうだいを育てる
マリーたちのりっぱなママも、
アルバムの中では
よちよち歩きのちっちゃなかわいい赤ちゃん。
やがて小学校に通って
ぐんぐん背が伸びて──
いつのまにか、可憐な乙女になっている。
アルバムをめくるほどには
あっという間のできごとではないかもしれないけど、
不思議ね!
今は誰もが頼りにして、
みんなの憧れのお仕事を勤めて──
ついには宣伝で動画にも出ることがあったり、
おうちではいっぱい遊んでくれて、
うるさくてわがままでたくましいちびすけたちを相手にも
ひるむことのない──
誰も真似できない
あのママができあがるまで、
みんなと同じように学校に通って
今日もマリーたちがしているように
泣いたり笑ったり
子供らしい日々を過ごしたなんて──
写真で見なければ、きっと信じられないわ。
こんなにいいものを持ってきてくれた
夕凪お姉ちゃまはすごいわね。
まあ、特別なこともあまりなくて、
大人になって
お仕事を見つける時の参考には
ならない気がするけど──
それでも、みんなで大さわぎよ。
ついついアンニュイになりがちな
秋の曇りの日に、
一人の人間を見つめ続けた
一冊のアルバムが、
こんなにも盛り上がる時間をくれるだなんて、
まったく、落ち葉の散るころだからって
退屈なんてしていられないわね。
ママもまた帰ってきた時に一緒に見てくれるって!
あんまりすごくめずらしいとか、
古いからといって
おばけが写っているような写真は──どうやら見つからなかったみたいだけど、
本人が話をしてくれるとなると
どれもこれも──
普通にしているままの姿なのに
気になるのばっかり。
マリーは──ママの年長さんの写真のお話を聞きたいわ。
あどけないお顔のママが
同じ年頃にどんなふうに過ごしていたか、
写真を見ながら聞くのは──
きっとまた、みんなで盛り上がること間違いなしよ!

夕凪

『夕凪は三年生』
吹雪ちゃんはえらい!
お手伝いも
よくするし──
頭もいいし、
将来は学者になりたいって
ちゃんと考えてる!
夕凪より一つ下なのに、
しっかりしてて
えらいなあ。
真面目な吹雪ちゃんなら、
きっとなりたいものになんでもなれるよ!
夕凪は真面目でえらくないし、
まだ、そんな先のことを考えるのは苦手だけど──
みんな、ちゃんとしてる。
麗ちゃんは運転士さんになるだろうし、
星花ちゃんだって家事が得意だから
いいお嫁さんになるに決まっている。
このままではいけない──
夕凪だけ
このままでいいわけがない!
いくらちゃらんぽらんなところがあったって、
たまには、立派な大人を目指したりもしなくては!
というわけで
立派なママを参考にするために、
ママのところへ行って
夕凪の何度目かの一生のお願いをして、
借りてきたのが
このアルバム。
ママが大きくなるまでの全部が写っているという。
これを見るだけで
将来はママの後を継ぐ社長になったり、
そこで働く芸能人になる方法がわかるかもしれない。
古い写真もたくさんあるから、
もしかしたらおばけが写っているのもあるかもって言ってたけど、
そんなのは恥ずかしくてあんまり見られたくない言い訳だと思うよ!
こわくない!
お調子者だけど
こうやって──
ちょっと大胆なこともできるから、
夕凪みたいな性格だって悪くないって思うよ。
それを生かした将来がたぶんあるはずだ!
あるといいな!
うーん──まあ、たぶんあるよ。
みんなで見ていいって言ってたけど、
それで、お兄ちゃんはどのページから見たい?
やっぱりママがとってもかわいかった
輝く青春の学生時代かな。
いや、夕凪みたいにまだ小さかった頃もいいな。
ママがどんな子供だったのか、
ぜんぜん想像できないもんな──
それともやっぱり、赤ちゃんの頃から順番に見ていく?
ページをめくる前からわくわくしてしまう
偉大な歴史──
夕凪はこれから、どんな景色に触れてしまうのだろう──?

吹雪

『テンダー』
今日は読書をして過ごしました。
秋の穏やかな気候は
落ち着いて本を読むのに最適です。
もちろん、家事の手伝いや
小さな子供の世話もする必要があって、
自分の趣味だけに集中できないのは
私たちの家ではいつものことだけど。
大家族は、大変なことばかりではなく
おやつを食べたりもできて、
なんとなく見つけた
読書しやすそうな場所に
椅子が置かれて──
掃除も行き届いていることが
よくあって、
結局──時間を忘れて目の前の本に没頭する時間も、
そのためにお手伝いに間に合わなくて
叱られることも──
いろいろなできごとがあります。
話を聞いていると
みんなもこうして、子供の頃は
秋の気候に
時間を忘れて過ごすことがよくあったそうですね。
海晴姉も、霙姉も──
いつも忙しそうにしていて
それでいて、私たちと遊んでくれたり
キミともよく話をしている
春風姉も──
子供だった頃──過ごしやすい秋は、
読書や、追いかけっこばかりで
一日があっという間に過ぎて行ったことも
たくさんあったようです──
でも、不思議ですね。
今日の私みたいに
本を読むだけで一日が終わった子供と、
いつもたくさんの仕事をこなしている春風姉と、
いったいどのくらいの年から
子供は自分だけじゃない、他の仕事もできるようになって
家事も、子守も、おやつの支度も──
会いたい人を探して会いに行くまで、
すっかりできるようになっているのでしょう。
キミは──今日をどのように過ごしましたか?
私は──知識を集めるだけではなく、もっと研究にも時間をとれるようになれたらと思います。
洋服の繕いをして、
これからの季節に備えて編み物もはじめて──
みんなの分のおやつも用意出来たら、
それはとても、特別なことですね。
明日は──本の続きを読んで、
過ごしやすいあの場所の掃除を少しできたらと──考えています。
秋の日に、子供の頃に──
夢中になって読書をしたと
やがて誰かに伝える時が来て、
それから大人になるまでの時をどう過ごしたのか──今、私が知りたがっていることを
教えられたら、それは良いことだと思うのですが──
どうでしょうか?

春風

『春風の探し物』
今日もさくらちゃんは
お兄ちゃんの後ろを
ぱたぱた追いかけるので忙しい。
急に熱くなったり寒くなったり
日々の気温が
落ち着かないこの頃──
心細くって
お兄ちゃんを頼りたくなってしまうのかな?
それとも、ただ
わけもなく──
お兄ちゃんが好きなだけなのかもしれません。
さくらちゃんには、やさしくてすてきなお兄ちゃんがいて
いいな!
──
もしかして、愛しの王子様は
春風が──
自分にも、お兄ちゃんがいたらな!
この人が春風の頼もしいお兄ちゃんだったら
どれだけ甘えてしまうことだろう。
なんて考えたかもしれないと
思ったかしら?
そして──
春風、やさしい王子様を
困らせてしまったかしら。
春風のお兄ちゃんには
なれないよって──
まったくもう!
春風ったら悪い子ですね。
こんなに愛している王子様を
困らせたりするなんて。
いけないな!
でも──
困らせるのをやめろと言われたって
簡単じゃないし、
好きな気持ちを胸の中だけにとどめておけなくて
ついついわがままな気持ちが
漏れ出してしまいそう──
なんとかして、
深まる秋が原因ということにするか、
急に戻ってきた暑さのせいにして
罪を軽くしてもらえないだろうか?
でも──
こんなに好きな気持ちを
ごまかしてしまうのも
切ないな──
今日は、一生懸命にお兄ちゃんを追いかけたさくらちゃんだけでなく
ぼんやりしていても汗ばむような陽気でした。
あなたも体には気をつけてくださいね。
春風は──
あなたのことを思い、あなたと目が合うだけで元気がみなぎるので
きっと、これからも大丈夫です。
このあふれる気持ちを分けてあげたいのに──
どうしたら思いが伝わるのか
あなたが私のお兄ちゃんだったら──こんなふうに春風が悩むときも
答えをすぐに教えてくれるのでしょうか?

さくら

『さくらのおいしいさがし』
どこどこ
どっち?
さくらはアイスをさがしているの。
でも──
かんかんのひざしだったり
すぐくもったり
おちつかない日。
さむくなりそうなけはい──
こんなとき、
小さい子はアイスをたべては
いけないんだって。
かぜをひいたり
おなかをこわしたらいけないもの。
小さいさくらは
アイスをたべられない。
かなしいね──
あつくて
さむい日、
ちょうどいいおやつはなんだ?
あつくもつめたくもない
ようかんかな──
でも、ぎゅうにゅうに
すこしあわないな。
それじゃ、
やきたてクッキーを
すこしおいてさましたのがいいかな──
でも、あんまり
いいにおいがしたら
さくらはがまんできないな。
おいしいにおいは
さくらをさそう。
こまったな。
このままでは、
まよいつづけて
さくらがこばらをすかせてしまうよ。
あつくてさむい日の
とんちのような
なぞなぞ。
お兄ちゃんならこたえをしっている?
あ!
そうだ。
お兄ちゃんがいっしょにたべて、
そしたら
うれしさのいきおいで
さくらがなんでもたべたり
がんばってちょっとがまんしたり
できないかなあ?
ようかんと
ぎゅうにゅうの
くみあわせでも──
さくら、ちっともこまらないとおもうよ!

立夏

『うれしいな』
たのしい!
あーちゃんがみんなのところへ
がんばってほかほかする気持ちを
くばってくれるので──
雨の日でも、くもりでも
なんにも寒くない!
よしよし、
いい子だね。
それにしても、少しくばりすぎたかな?
リッカのほうまでなんだか汗が──
いや!
これは、あーちゃんだけが理由じゃないぞ。
窓から差し込むまぶしさ、
額を流れる汗、
キッチンからは冷蔵庫を探り、アイスを探す声──
この暑さは、
これはどうも
薄着になって走りまわらないといけない季節が
またやってきた感じがするぞ!
そんなにいい時間は、もうあんまり
たくさんあるわけではないかもしれないけれど──
でも、汗をかいて
暑くなって
動き回りたくなるなら
今日はそんなふうに
また夏がやってきたみたいに過ごしても
いいんじゃないかな?
だってここにいるのは
一年にどれだけたくさん夏があっても
うれしくて
ぜんぜん困らない子。
このまま
なんだか暑いだけだからって
とぼけたふりをして──
楽しそうな時間がやってきたのを
少しも逃さず、
喜んですごすのに
なんの問題があるだろう?
えっ?
別に、夏みたいに過ごすからって
あんまり体を動かす理由は見つからない?
それは──
勢いに任せて
一緒に好きな時間を過ごす人を
誘う手段が
欲しいだけかもしれないな?
9月のある日に、
リッカはもう少し
夏のような日を過ごす──
あーあ!
暑いから、
よく晴れただけでついついはしゃいじゃうから
遊びに行くときに──
少し強引に誘ったって
しかたないんだ!

あさひ

『ぶるぶる!』
うぶぶ……
ぶうー!
ぶるぶるっ──!
うおっちゃ!
ほた!
ほたー!
あーたん、ば。
うちゅっちゅ!
ぶっちゅっちゅ!
ほかほか……
(さむいねー!
 たいへんだ!
 こんなときは、ほたをさがすといいんだよ。
 あーちゃんにね、
 あったかいふくをきせてくれるし、
 おしゃれでかわいくしてくれるし、
 あーちゃんがかわいくなると、すっごくよろこぶよ。
 あさひがいれば
 このせかいのどこにいても、なんにもさむくなんてない!
 みんなもこころがあったまる!
 あっちにちゅーだ!
 かぞくのみんなをねらってちゅーだ!
 ふわっ!?
 はりきりすぎてあせだくだ……)