綿雪

『占いの真相』
うーん……?
お兄ちゃんは
占いって信じるほう?
今日は運勢も最高で
いい出会いがあるかも、とか
ラッキーアイテムに
黄色い色が付いたものを持っていくと吉、とか
そういうのは
女の子の間で少し話題になったりする──
いいことが本当になればいいけど、
立夏お姉ちゃんは
いいことだけ信じて
悪いことが起こりそうなら忘れてもかまわないって
教えてくれたの。
おうちの子たちの占いも
そんな感じ──
なんだけど。
何かこのごろ、
星花お姉ちゃんの占いが
どこか──
上手く言えないけど
変わったの!
おやつの
お話や──
ごはんの
お話や──
おこづかいをためて買うなら
ふがしや
チョコがおいしいとか
占ってくれるのだけど。
最近、何か
心境の変化でもあったのでしょうか?
よくユキの隣に並んで
水をあげながら
一緒に眺めてくれた
花壇のことなどは──
話題の中心も
きゅうりができたか
なすが大きくなったか
いいことなんだけど──
あんまり急な話で
星花お姉ちゃんに心配事でもあるのでしょうか?
だったらユキが力になれたらいいのだけど──
そこで考えたの!
ユキの手の中の
カード占い、
星花お姉ちゃんがちゃんと元気なのか教えてください。
悩んでいたり──
暑さでへばっていたりしたら──
どうか答えてほしいの。
ユキにできることがあるのかどうかも──
あ、それと
他に困っている子が
いないかどうか──
──
あれっ?
ヒカルお姉ちゃんが
好きだったカード──
何かを伝えたいと出ているみたいなの。
それから夕凪お姉ちゃんと
春風お姉ちゃんが
すごく絶好調で
楽しいことが増えたみたい。
ユキの占い
当たっているでしょうか──
そうそう、お兄ちゃんも
いいことがあるんだって。
特に、家族のことでおどろきがあるらしい。
なんだろう?
ユキ、急いでお兄ちゃんに
お知らせに行かなきゃ──

星花

『素敵な夏休み』
もう夏休みがはじまって
しばらく経ちました。
みんなそろそろ
慣れてきてしまい──
時間があると
面白いことを探して家中を走り
お姉ちゃんたちに怒られるしまつ。
うるさいし
あぶないって──
星花でもなかなか
止めることはできず、
どちらかというと一緒に駆けまわって
怒られてる。
でも、お兄ちゃん!
夕凪ちゃんのいたずらには
気を付けてね。
ヒカルお姉ちゃんが
夏場はあんまり服の交換っこをしてくれないと
星花たちに古着のおさがりをくれるようになったのは
春風お姉ちゃん。
このままでは──
春風お姉ちゃんのふりをした
夕凪ちゃんが
いたずらをはじめるかもしれないの!
優しい春風お姉ちゃんだと思っていたら
実はこっそり舌を出して
夕凪ちゃんがからかっているだなんて!
みたいなことを
やろうとしたみたいだったけど
さすがにそれは誰もだまされなかったみたい。
まあそうだよね。
ところが!
今度は少し考えた夕凪ちゃんが
背格好も似ていて
声も似ていて、
すぐ調子に乗って怒られるのも似ている
星花になろうとしているみたいなの!
ときどき視線を感じて
振り返ると目をそらす──
観察しているのかも!
ただ、春風お姉ちゃんになろうとして
つまみ食いやお手伝いの言いつけを狙った場合と違って
夕凪ちゃんが星花と入れ替わっても
普段の行動が似ているので
あまり大した影響は出ないのが
違うところなんだけど──
あんまり意味はなくても
お兄ちゃんはだまされないでね!
あ、ときどき
春風お姉ちゃんは面白そうにヒカルお姉ちゃんの真似をするから
それも──気を付けたほうがいいかもしれないです。
夏休みも気持ちが落ち着いてきたこの頃、
緊張感がだいじです!

ヒカル

『とりかえっこ』
毎日暑い日が続いている。
運動するときも
水分を取って
こまめに休憩。
ちょっと大変だけど
体調管理もスポーツの構成要素だから
しっかりと!
でも、暑くなると
めんどくさいことのいくつかが
なくなって
助かるな。
薄着でいいし、
汗をかいたらシャワーですぐ流せるし、
朝の涼しい時間を
有効に使えたりする──
それに、少し前の雨の時期に
着替えがなくって
誰かから借りる、
ということになっても
ややこしくないからな。
星花と夕凪みたいに
よく服をとりかえて
ファッションのついでに
髪の結び方まで交換、
相手になりきり遊びとか
そういういたずらをしても
さすがに薄着なら
身長や体格で
間違えないで済むから。
私の場合は春風や蛍が
きっと似合うからと
挑戦というか冒険というか
心の準備が必要な服を貸してくれたり
逆に春風が動きやすい恰好をしてみようとしたり
するだろう?
この季節なら
春風に私服を奪われて
すっかりなりすましの顔をされても
筋肉の付き方が違う、
楽しそうな足取りが違う、
日向みたいな陽気な鼻歌が違う、
あさひのために作っているミルクの匂いが
私の汗のにおいとだいぶ違う──
ということがあって、
それは私の方も──
わかりやすいと思うから。
ときどき海晴姉や立夏がからかうのでもなければ
間違いはない、
気にならない!
助かるな。
これでも家族だから似ているところもあるみたいだから──
オマエはまさか間違えないよな?
こんなに違うんだから
一目で見分ける!
頼んだぞ。
姉妹でも
違いをちゃんと見てもらわなくちゃ──

吹雪

『ポーラスター』
誰にもその人だけの
指針があると聞きます。
暑い夏──
体力を奪い
運動・思考の両面で
通常の能力を奪っていく季節。
この夏休みを
乗り越えていくには、
それぞれが自分なりの方法で
立ち向かわなければならない。
特に先のことを考えず、
家族の顔を見たら
うれしくなって──
頭に向かって登りだすあさひは、
最近見なかった小雨姉や麗姉と会えて
とてもはしゃいでいるようだけれど、
そのためにすぐ
誰かに抱っこされたまま眠ってしまう。
一方で、ヒカル姉は
体を動かすのを
抑えきれない性格でありながら──
自分に合わせた適度な休憩、
水分補給と充分な栄養の確保により
いわゆる夏バテとは
無縁の生活を過ごしているようです。
ただ、少し
みんなの好きな怪談が盛り上がった日は
睡眠に影響を及ぼしている様子。
怖い話は──
あまり健康に良くない気がします。
では考えて行動するのが
良いのかどうかといえば。
観察力と学習能力に優れ、
怒られたことも褒められたことも
毎日よく覚えていて私たちに話してくれるのが
夕凪姉のはずなのですが──
なぜか、どう考えても遊びきれないはずの
持ちきれない量の遊び道具をカバンいっぱいに詰めて、
公園へと向かって荷物を引きずる姿は
無理だとわかっていても
キミが声をかけたら
思いつく限りの遊びをしたくなる
うれしさが何よりも優先する──
そういう姿に見えます。
分かっていても──止まらない。
夏が暑くても止まる理由にならない。
ちなみに、夕凪姉に対する
動物の観察のような語り方は
一応冗談です──
でも、それならば
ヒカル姉のこともあさひのことも
冗談のうちで──
意味もなく目的も持たない軽口なのではないか。
そう思います。
これはもしかすると
あまり冗談を思いつかない私が
夏の影響を受けて思考能力に大きな問題が発生している
可能性がある──
はい、もちろん冗談です。
今日も暑い日でしたがキミの体調はどうですか?
涼しいところで、冷たいものでも飲みながら
みんなと話をするのが
有効な対策の一つであると
暑い季節を過ごす家族が──教えてくれました。

真璃

『完全復活』
やったー!
小雨お姉ちゃまと麗お姉ちゃまは
もうすっかり元気。
小さな子たちと一緒に遊んでくれる
この日をどれだけ
みんなが待っていたことか!
青空ちゃんとさくらちゃんが
うれしくて踊るのにつられて
小雨お姉ちゃまも踊ってる。
あ、まだ油断したらだめよ!
女の子二人を
たちまちぐったりさせてしまう
日本の夏──
どれだけ健康で
体に自信がある人だって
こんな気温にはかなわないわ。
幸いなことに今日は薄曇りの
だいぶ快適なほうの日──
また暑さが続いた時のために
おうちの隅っこの
風通しのいいところに
いざという時に逃げ込んで
涼むための秘密基地を作りましょう、
ということで
子供たちの意見は一致したの
花を飾り
おしゃれなクッションも持ち込んで
お姉ちゃまたちもご招待できるように
準備しておくの。
集まって本を読み
お絵描きも楽しみ
宿題もして
我が家の芸術文化が花開く──
そんな場所になっていくはずよ。
今はまだ
戸口の外に朝顔の鉢植え、
あとはくしゃくしゃに丸めたクッションがいくつか
あるだけの場所──
でも、この秘密基地で
楽しく過ごして
休めるようになると
暑さでへばる子も
すっかりなくなるわ!
唯一の問題としては
ときどきホタお姉ちゃまが片づけてしまうから
よく移動しないといけないことだけど
まあ、何にだって悩みはつきもの。
気長に続けて行けばいいわ。
フェルゼンにも移動するたびに場所を教えるわね。
いつか誰もが
安らげる場所──
そんな話を
小雨お姉ちゃまは今日もにこにこ笑顔で
聞いてくれたのよ──
こんなに楽しい夏の日が
また、おうちに帰ってきたんだわ!

夕凪

『夕凪が報告にやってきた』
うわー!
わわわっ、
た、たいへん!
夕凪がお兄ちゃんに知らせないと!
だってなんと立夏ちゃんが、
立夏ちゃんが──
お勉強をしている!
ごはんの
お手伝いもしている!
汗をかきかき
まじめにしている!
そ、そんなの
立夏ちゃんじゃない──
なにものだ!
っておどろいていたら
海晴お姉ちゃんに怒られた。
ごめんなさいー!
夏休みは何が起こるか楽しみで
ドキドキハラハラしながら
迎えた日々。
まさか──
はじまってまもなく
おどろきっぱなしだとは。
麗ちゃんがお菓子をくれた時にも
なんでなんでなんでー!
ってなったけど、
あれも熱のせいだったのか──
あ、そんなことを言ったらいけない。
優しい麗お姉ちゃん
だーいすき!
これでよし。
夕凪も怒られそうなことくらいは
学習したんだもの。
……
……!?
夕凪が──
学習をしている!?
ななな、なんだってー!
何で驚くの?
失礼な!
という一人遊び。
はじまりからこれだと
本当にどうなっていくのか──
そのうち、春風お姉ちゃんが
本当にお兄ちゃんと結婚するなんてことも
あったりして!
大きな犬も飼えちゃったり
しちゃったりして!
日本がたくさん金メダルも取れたりして!
お兄ちゃんが──
夕凪を遊びに連れて行ってくれたりも
あるかもね!
わくわくするね、夕凪ちゃん!
うん!
本当はデパートがいいけど
近くの公園でもいいよ!

立夏

『たいへん!』
毎日コツコツ
地道なことが得意な
とってもえらい小雨ちゃん。
実は本人が思っている以上に
誰にもできないすごい才能で──
小雨ちゃんを尊敬している子は
家族にもたくさんいる。
そのかわいくて素敵な
小雨ちゃんが──
小雨ちゃんが!
がんばりすぎて熱を出しちゃったよー!
宿題を毎日続ける目標も
無理をしたらいけないから中止。
かわいそう……
小雨ちゃんはすごいのに
体調管理と一言で言っても
それって、本当はとっても難しいの。
立夏みたいによく食べて寝ればなんでも治る体は
それはそれで真似できないんだって!
今は直すのが一番大事だって言ってるけど
きっと小雨ちゃんは落ち込んでると思う──
夏休みが始まっていきなりなんだもの。
オニーチャン!
やさしくしてあげてね。
それから麗ちゃんも
お休みだから調子に乗ったみたいで
夜遅くまでベッドで時刻表の旅を続けて
なかなか眠れなかったから──
小雨ちゃんのすぐお隣で
熱を出して寝込んでいるの!
この夏休みは家族旅行の予定もないから
さみしかったのかもしれないネ。
なぐさめてあげてね。
二人とも、熱といってもそれほどではないから
すぐ治ると思うけど
時期が時期だから念のためということで
みんなで交代してときどき、静かに様子を見るようにしたよ。
早く元気になりますように──
同じ部屋でひとりなんの問題もない
頑丈な立夏
氷柱ちゃんのお部屋に居候……
うわーん!
氷柱ちゃんも夜更かしで勉強するの!
立夏の宿題まで見てくれてる!
オニーチャン──
氷柱ちゃんのことも気にしてあげてね。
立夏では怒らせてしまうばかりなの。
それから、氷柱ちゃんのスパルタ教育で勉強を頑張っている立夏
はげましてネ……
ばたん!
きゅー……
寝れば治るけど!